髪の毛の悩みを改善するために

何が原因で薄毛になったのか

タバコとアルコール

血管が縮まることで、血行が悪くなり薄毛になります。
薄毛を解消するためには、いつも血行を良くすることを心がけましょう。
タバコを吸うと、血管が収縮すると言われています。
ですから薄毛の治療に、悪影響を与えます。
タバコを吸っている人はこの機会に禁煙することをおすすめします。

またアルコールの過剰摂取も、血管を収縮させるので控えてください。
少しのアルコールだったら、血管を膨張させて血行を良くすることに繋がります。
1日、コップ1杯から2杯に留めておきましょう。
また毎日飲むのではなく、1週間に数回にするのが良い方法です。
タバコを吸ったりアルコールを過剰摂取していると、せっかくの薬の効果を打ち消してしまいます。

ストレス解消方法を考えよう

睡眠不足が続いている人は、薄毛になりやすいので注意してください。
遅くまで起きていると、髪の毛を育てるためのエネルギーが他のことに使われてしまいます。
髪の毛を育てることができなくなり、頭皮の状態が悪くなって薄毛になります。
夜の10時以降には眠ることで、しっかり髪の毛を育てられるでしょう。

またストレスを感じることで、血管が収縮してしまいます。
毎日働いていると、どうしてもストレスを感じてしまうでしょう。
全く感じないようにするのではなく、解消する方法を見つけてください。
運動したりゲームをしたりするなど、好きなことに取り組むことでストレスを解消できます。
すぐ解消できれば、薄毛が進行することはないでしょう。


TOPへ戻る