髪の毛の悩みを改善するために

説明をきちんと聞いておこう

どんな薬を処方されるのか

診断が終わると、医師は薬の説明をしてくれます。
含まれている成分や、服用方法をしっかり聞いてください。
1回聞いただけでは、理解できない人がいるかもしれませんね。
その場合は、わからなかった部分を質問してください。
医師は、さらに丁寧に答えてくれると思います。

よくわかっていない状態で、薬を服用することは非常に危険です。
また、以前薬を服用して副作用が起こったことがある人は、前もって医師に伝えてください。
すると服用が起こった成分が含まれていない薬を処方してくれます。
肌が弱い人も、医師に伝えていた方が良いでしょう。
不安なことあれば、全て医師に教えておきましょう。
その上で、自分に合う薬を見つけてもらってください。

容量を絶対に守ろう

早く薄毛を治したい人は、既定の量以上に薬を服用してしまう傾向が見られます。
しかし強力な成分が含まれている薬なので、服用し過ぎると身体に悪影響を与えます。
薄毛がさらに進行したり、頭痛や吐き気を催すかもしれません。
また気分が暗くなったり、何もやる気がしなくなったりするなど精神面に悪影響を与えます。

様々な副作用が起こったら、日常生活にも影響があるので、早く治療したくても既定の量を守ることは忘れないでください。
医師が自分の症状に合わせて薬を判断してくれるので、言われたことを守っていれば問題ありません。
焦って、治療に取り組まないように注意しましょう。
ゆっくりでも、薬の効果を発揮できれば悩みを解消できます。


TOPへ戻る